会社概要

 モガミフーズ株式会社は、1967年に日本水産株式会社の全額出資により設立された会社です。
 私たちの仕事は、和惣菜カテゴリーのシェアトップ(67%:出典//インテージSRIより算出)の「自然解凍品」と「具付き麺の具材」の冷凍食品を中心に生産しています。自然解凍品は当社独自のアイディアと技術、そしてたゆまぬ人の努力によって生み出された自信作です。

会 社 名 モガミフーズ 株式会社
資 本 金 98百万円
設  立 1967年2月27日
所 在 地 山形県西村山郡河北町谷地字鉾江96番地
事 業 内 容 冷凍食品の生産・開発
認 証 資 格 FSSC22000、ISO14001 認証取得
日本冷凍食品協会 認定工場
生 産 設 備 冷凍食品工場設備(連続凍結設備、充填機、急速冷却機、自動包装機ほか)
会社外観

社長のご挨拶

 当社は、1967年に創業をし、ニッスイグループの一員として、一貫して加工食品の生産をしてまいりました。その間、缶詰(フルーツ、農産、水産)、即席ラーメンをはじめ様々な商品にチャレンジしてまいりましたが、現在は、冷凍食品一本で事業を展開しております。特に自然解凍分野においては、他社の追随を許さない存在にまで成長しました。平成29年2月に創業から50年を迎えましたが、これもひとえに、消費者、お取引様をはじめ多くの皆様に支えられての50年でありました。
 当社は、ニッスイ冷凍食品事業の中でも、中核を担う自然解凍品のパイオニアとして、3種の和惣菜(ひじきの煮つけ、きんぴらごぼう、ほうれん草のごまあえ)や、ほうれん草3種のおかず(ごまあえ、おひたし、バター炒め)を中心に生産しております。最近では、国産野菜を使用した商品、減塩商品、機能性商品へと幅を広げており、今後とも、時代のニーズやシーズを捉え、全社一丸となって、新たな挑戦をしてまいります。
 水産資源を中心として、事業展開をするニッスイグループにあっては、野菜の使用量の多い特異な存在ではありますが、家庭では作りにくい、あるいは、家庭では出しにくい味を、培ってきた技術により、しっかり大量調理することでおいしさを追求してまいります。
 これまでのご支援に感謝申し上げますとともに、変わらぬご愛顧をひとえにお願い申し上げます。

代表取締役社長 赤川慶三

経営理念

 日本水産株式会社食品事業の関係工場として、コストと品質向上を重視し、安全かつ信頼される商品づくりに邁進し、顧客の満足度を高め、役員・全従業員は折り目正しく行動し、地域社会にも貢献し続けます。

事業目的

 事業の目的は、安全、安心で価値観のある商品を生産・販売・開発することにより、お客様の満足と信頼をいただき続けることです。

企業姿勢宣言

企業姿勢宣言

子育てサポートについて

くるみん

「子育てサポート企業」として、
厚生労働大臣の認可を受けた証です。

 次世代育成支援対策推進法に基づき、一般事業主行動計画を策定した企業のうち、計画に定めた目標を達成し、一定の基準を満たした企業は、申請を行うことによって「子育てサポート企業」として厚生労働大臣の認定(くるみん認定)を受けることができます。 山形県の認定39社(2017年11月現在)中、7番目に認定され、
いち早く、子育てサポートに取り組んでいます。

「山形いきいき子育て応援企業 優秀(ダイヤモンド企業)」
認定(2013年9月)2017年9月現在で59社が認定されています

 山形県の取り組みとして、「女性の活躍推進」と「仕事と家庭の両立支援」に積極的に取り組んでいる企業を
『山形いきいき子育て応援企業』として登録・認定しサポートしております。

会社沿革

1967年2月 農産果実缶詰の生産を主目的に日本水産株式会社が全額出資にて設立
社名・・・・・最上缶詰株式会社
桜桃、白桃、なめこ缶詰を主体に生産
1987年4月 冷凍食品事業を開始
1987年9月 レトルト事業を開始
1990年6月 冷凍食品工場増設
1991年4月 最上缶詰株式会社からモガミフーズ株式会社に社名変更
1996年8月 コンビニエンス向け米飯、惣菜等のチルド事業に進出
冷凍食品生産とチルド品生産を主とする事業に転換を図る
2004年7月 冷凍食品事業に一本化
2006年3月 工場・事務所棟増改築

アクセス